出会い系使い方&攻略方法

出会い系の掲示板は会える女性からアプローチされる!書き方や使い方を説明

出会い系で女性を探す時に有効なのが掲示板です。

掲示板を有効に活用できていますか?

「自分で募集するのに書き方が分からない…」

このように思って、女性の掲示板を見ているだけではもったいないですよ。

実は掲示板の書込を見てメールを送ってくる女性はアナタに興味を持ってくれているので出会いやすい女性です。

今回は「掲示板の書き方・使い方」を説明します。

上手く掲示板を使えれば書いて後は女性からのアプローチを待つだけです。

こうなると出会い系で会える女性の人数がグッと増えますよ。

出会い系の掲示板を有効に使おう!

私が良く使っている出会い系は「PCMAXハッピーメールワクワクメール」とありますが、どの出会い系でも掲示板は1日1回無料で書き込むことが出来ます。

特にハッピーメールとワクワクメールはジャンル毎に1回書き込めるので1日5回程度掲示板に書き込むことが出来ます。

せっかく無料で利用できるのですから、1.2回利用して女性からメールがなかったとしても利用しない手はありません。

なぜなら必ずしも全ての女性が毎日掲示板をチェックしているわけではないからです。

そのため掲示板を有効に活用するには根気よく頻繁に利用する必要があります。

いつ女性のタイプの女性が掲示板をチェックしているなんて分かりませんから、小マメに掲示板には書き込みをしておいた方が良いのです。

 

掲示板の書き込みをみてメールをくれる女性は会える理由

基本的に出会い系で女性と会うためには自分から積極的に女性にアプローチしていかなければいけません。

女性側からアプローチしてくることなんて少ないんですよ。

これは女性は男性から黙っていてもアプローチされるため、わざわざ検索して男性を探すって行為をする女性は少ないからなんです。

しかも出会い系も女性より男性の数が多いですから、一定の積極的な女性に見つけて貰うっていうのは大変なんです。

でも掲示板であれば全ての男性が毎日利用しているわけではありません。

そのため女性がプロフィール検索で男性を探した時より、掲示板だと女性の目に付きやすい状態になります。

この女性に目に付くことが大切です。

 

積極的に出会いを求めているからこそ自分からメールを送ってくる

このように掲示板で女性の目につけば、そこからアプローチしてきてくれる女性はアナタに興味を持っています。

さらにわざわざ他の男からもメールが来る状態なのに、掲示板の男性にアプローチしているわけですから、他の男よりアナタの方が良いと思っているわけです。

しかも実際に自分から行動に移していますから、出会いにも前向きで積極的に会いたいって気持ちがあるわけです。

無差別に女性にメールを送った場合よりも、掲示板でメールを送ってくれた女性の方が会える確率は高いのです。

最初から出会う気があるのですから、メールを続けて好感度を上げて会う気にさせるという手順を少なくすることが出来ます。

実際に私の知り合いは自分からメールを出しても全然女性に会えないけど、掲示板で絡んできてくれた女性には何人か会えたといっているヤツもいますw

 

掲示板の書き込みをする時に重要なこと

では実際に掲示板を書くときはどうしたら良いのか説明します。

正直大層な事は書かなくてもOKです。

ただ頻繁に小マメに投稿することが大切です。

最初にも言いましたが結局自分に興味を持ってくれる女性とタイミングが合うことが重要です。

メールを出すときと同様に数撃ちゃ当たるのような作戦ですが、掲示板は自分からアプローチする方法ではなく、女性からのアプローチを待つ方法ですから女性の目に止まらないことには始まりません。

わざわざポイントを払ってまで何度も投稿する必要はありませんが、1日1回の無料書き込みは利用するようにしましょう。

 

使う掲示板の種類はもちろんピュア一択

説明する必要ないと思いますがアダルト系の掲示板は業者・割り切り女性が見ているだけです。

普通の女性はほぼいません。(極稀にいますが)

そのため投稿しても業者や割り切り女性から大量のメールが届くだけになってしまいます。

無駄な時間になりますので、まずは出会い系で女性に会ってエッチ出来た人のように出会い系に慣れてから、極稀のチャンスを掴むために利用した方が良いでしょう。

私はアダルト系掲示板は一切使っていません。

 

掲示版の書き方

掲示板はタイトルが目立つようにしよう

掲示板の書き込みで気をつけるのはタイトルです。

タイトルで気になって貰えないとクリックしてもらうことが出来ません。

1番簡単なのは趣味系などが良いでしょう。

これは同じ趣味の女性なら返信も会話もしやすいためです。自分も好きなことならコミュ障でも話しやすいですからねw

趣味を具体的にタイトルに取り入れてみましょう。

  • 〇〇って映画の〇〇が好きです
  • 東京の〇〇って場所の〇〇ってお店行ったことある人
  • 〇〇が趣味で〇〇に詳しい人いますか?

具体的にすることで広い範囲の女性を狙えなくなってしまいますが、具体的になればなるほど同じ好きな人が見てくれた場合にメールをくれる確率が高まります。

1度タイトルを考えたら1週間以上は同じように使ってみましょう。

タイトルが悪いのではなく、掲示板を見た人が少ない可能性もありますからね。

もちろん反応が無ければ少しずつワードをずらして改善していけばOKです。

 

掲示版の投稿文はそんなに関係ない?

ぶっちゃけ掲示版の書き方と言っても上記のタイトルが重要になっています。

ここでアピールすることができれば本文は「メールまってます!」ってだけでも女性からメールがきます。

ただ女性も「メールを出しても無視されるかも?」という心配や不安があります。

そのハードルを下げるために「今日は時間があるのでメールきたら必ず返信しますよ。」など何かメールを送ることへのハードルを下げてあげると良いです。

 

掲示板の投稿時間に気をつけよう

これは狙っている年齢層の利用時間帯を意識しようと言う意味です。

  • OL⇒夜7時以降
  • 学生⇒夕方・深夜
  • 人妻⇒午前中やお昼時

簡単に説明するとこんな感じです。

OL狙いなのに朝ばっかりに掲示板投稿しては見てもらえる確率は低いですからね。

また利用者が増える金曜日の夜だったり、土日だったりと曜日などにも気をつけると良いですよ。

このように出会い系は利用の時間帯でガラッと利用する女性のタイプも異なります。

どのような相手にアピールしたいかを考えて利用すると、成功率も上がってきます。

 

掲示板投稿でもプロフィールは重要

ここまで掲示場に書き込む時に大切なことを話してきました。

しかし実際にはプロフィールも重要になってきます。

これは掲示板の投稿画面には自分のプロフィール写真が表示されること。
さらに掲示板を見た女性は相手の男性が気になれば、プロフィールを1度見てからメールを出してみようか考えるからです。

私の体感では「掲示板の書き込みを見る⇒プロフィールを見る⇒日記などを見る」とこちらの内容(プロフィール)をかなり見てくれた女性は会える確率はかなり高かったです。

掲示板で女性に興味を持ってもらうには掲示板にだけ力を入れていたらダメなわけです。

せっかく掲示板のタイトルや文章を改善していっても、会える確率を上げたいなら大元のプロフィールが肝心なのです。

結局掲示板だけでメールを送ってくるような女は暇潰し程度の人もいます。

もっと相手に興味を持たせるなら本質のプロフィールもしっかり考えて、写真も女性が興味を持つような良い写真を使うようにしましょう。

プロフィールに関しては下記の2つの記事を参考にして下さい。

 

女性の掲示板投稿はチェックする必要ない?

上記までは自分が掲示板に投稿することを説明しました。

補足として女性の掲示板についても説明しておきます。

正直掲示板に投稿している女性はあまり良い女性がいません。他の男からアプローチされないような女か、業者や割り切り女性がほとんどです。

もちろんピュア系の掲示板でもこのような状態です。

たまに良い女性が投稿していることもありますが確率は稀です。

この掲示板に投稿している女と男性の掲示板を見てアプローチしてくる女は全く別と考えてOKです。

もちろん掲示板に投稿したら待っているだけなので、変な女かもメールくることがありますがねw

掲示板で狙っているのはあくまで積極的で会いやすい女性です。

掲示板に投稿している女を狙うのではプロフィール検索で女性を狙う場合と同じになってしまいます。

それなら普通にプロフィール検索で自分好みの女性を狙った方がマシです。

あくまで掲示板で狙うのは積極的にアプローチしてくる、プロフィール検索で探しづらいタイプの女です。

 

まとめ

今回は掲示版の書き方から利用する時に気をつけるポイントを紹介しました。

掲示版の場合は相手からメールさえ貰えれば成功率は高いです。

無差別にプロフ検索で女性を探す時よりも、向こうが最低限の好意がありメールだしてくる状態ですから返信した後に返信が来ない。

なんてこともありません。

私の知り合いの中には掲示版の成功率が高いので掲示版しか利用していない男性もいます。

せっかく毎日無料で利用できますから、積極的に掲示版を使っていきましょう。

-出会い系使い方&攻略方法
-, , , , ,

Copyright© 出会い系フリーク!会えた出会い系アプリから攻略方法まで紹介 , 2019 All Rights Reserved.